クラブ運営方針

〜集まろう。楽しもう。行動しよう。〜

高松東ロータリークラブ会長 2021-22年度国際ロータリーのシェカール・メーター会長の方針は、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために 〜Save to Change Lives〜」です。
 シェカール会長は、「奉仕するとき、誰かに人生だけでなく、自分の人生も豊かになります。誰かのために生きてこそ、人生に価値があるのです。」と説いています。そして「海に出てこそ、船の目的が成就されます。変革者の皆さん、人生とは冒険であり、メンテナンスではありません。」と発破を掛けられました。
 そして、国際ロータリー第2670地区、東邦彦ガバナーの地区運営方針は、「成長しようロータリアン 〜Grow Rotaian〜」です。
 東ガバナーは、私たちはコロナの海に乗り出す船に乗っている1つのチームとして、持続可能な魅力あるクラブを作ろう、と呼び掛けています。オンライン例会など多少の変化を伴うかもしれないが、会員増強純増2名など具体的目標を提示されました。そして”成長”とは親睦を通じて繋がること、と補足されました。
 以上、RI会長及び地区ガバナー方針の下、弊職の運営方針は「集まろう。楽しもう。そして行動しよう。」としました。毎週の例会はもとより、季節毎のイベントなど、集い易い場を極力企画しようと思います。コロナ禍などで流動的な側面は否めませんが、それに沈んでいる場合ではありません。会員の皆さま、是非ご参加ください。楽しみましょう。そして我がチームでプラスアルファのアクションを起こしましょう。
 2021-21年度には、当クラブより初めてのガバナーを輩出しました。我等が篠原徹ガバナーは「行動するロータリーを目指そう」との運営方針の下、第2670地区をまとめ上げ、一年間を全うして頂きました。心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 そして当クラブ会員も、坂井幸博代表幹事を筆頭に、一致団結してサポートして参りました。この1年は当クラブにとって今までにも増して掛け替えのない年度になったと思います。チームワークも向上し、一段とステップアップしたであろうこの貴重な経験を、我々メンバーはクラブ内にとどまらず広域的に、そして将来へと活かし伝える使命があるものと考えております。
 歴代のRI会長、地区ガバナー、当クラブの先輩方の方針や伝統は、単発でなくロータリアンとしての精神が脈々と受け継がれているものと感じます。そのお考えや方向性を引き継ぎ、本年度も全力で行動していく所存です。
 さあ心機一転、奉仕の旅への新たな一歩を踏み出しましょう。ガバナー輩出翌年度ということで、身の引き締まる思いです。皆さまの変わらぬご参加、そしてご協力を賜りまよう宜しくお願い致します。

クラブ運営方針(2021‐2022)

高松東ロータリークラブ会長 森 和夫